コンテンツにスキップ メニューへスキップ


IP 調査

特許調査

WIPSは 企業、法律事務所、大学、発明家から依頼された特許調査を実施しています。WIPSは、電気、化学、機械、建築、バイオテクノロジーなどを専攻した調査専門家を保有しており、企業のニーズに適した調査サービスを提供します。
下記は、我々が提供する主な調査サービスの内容です。

  • 特許性調査

    特許性調査は、開発した技術に関し特許性があるかどうかを判断するために行う調査で、調査タイプの中で最も一般的です。該当分野において権利を有する特許から権利が消滅された特許まですべての特許を調査することによって特許性を判断します。技術分野によって特許の請求項をレビューしたり、詳細情報や図面をレビューします。この調査によって出願準備に有用と思われる先行技術を取り上げることもできます。

  • 無効調査

    無効調査は、通常、他の特許を無効にすることが可能かどうかを判断しようとするとき、利用可能なサービスです。特許、技術刊行物、及び特許発明の実施と関連するかもしれない他の利用可能な資料​​など広範囲に当たって調査を行います。公的に利用可能なすべての文書や優先権を持つ特許の公開が証拠として分析されます。

  • 侵害調査

    自社の特定の技術や製品が他人の特許を侵害しているかどうか、または、他社の特定の技術や製品が自社の特許権を侵害しているかどうかを調査したいときに利用できるサービスです。該当分野において公開された特許の請求項を分析し、侵害回避に関する助言を行います。

  • FTO(Freedom to Operate)調査

    FTO調査は、製品を開発する前に、該当技術を使って製作、使用、販売を行ってもよいかどうかの判断をするときに利用できるサービスです。権利として実施されているすべての特許の請求項を分析します。また、権利が消滅した特許に関しても調査を行い、自由に使用してよいパブリックドメインにある技術であるかどうかを弁理士から確かめます。最近このタイプの調査が注目されています。

  • 先行技術調査

    特定の領域において従来技術であるかどうかを把握するために行う調査を先行技術調査と言います。権利として維持されている特許はもちろん権利が消滅した特許まですべてを調査します。なぜなら、製品は複数の発明と関係するため、これらの調査は通常、多くの特許及び公開された出願の引用をもたらすからです。これらの調査によって不必要な出願、研究開発による時間やエネルギーの無駄を最小限にすることができます。


著作権情報